プロジェクトマネジメント

業界にとって、いま非常に求められるのは個々でスキルが高い人材を抱えていてもいかにその能力をカスタマーの要求にこたえるために束ねて行くか、そして、プロジェクトをいかに推進して行くかというポイントだと理解しています。そこで社外のIT業界向けプロジェクトマネジメントセミナーを体験しました。
そして、目から鱗だったのはこうしたプロジェクトマネジメントは決して社内の既存人材に頼ることを前提とせず、社外からでも人材を招致して動かすべきという内容でした。仮に業知識がなかろうとも、タイムマネジメント、コスト管理、さらには人心掌握ができる人材であれば推進できるということです。もちろん、生え抜きで技術もわかって、かつプロジェクトマネジメントができる人材であれば、最高です。しかし、こうした人材以外なかなか存在しないこともあって、あえて社外から招致すべしというのが結論でした。今もこうした人材をまさしく探しているところです。