ITセミナーに参加後の効果

世の中では、至る所でIT系のセミナーが実施されています。

基礎的なコースから、実践的なコースから、あるいはケーススタディを中心に学ぶコースもありますが、その中でも、特に参考になるのが、導入事例に学ぶセミナーです。

リアルな課題に対して、具体的なソリューションで、どのようなメリットがあり解決されてきたのかが、よく理解できるのです。

しかも、改善後の数値効果も示されることも多く、今、自分がぶつかっている仕事の打開策のヒントにもなります。

年に数回、色々なセミナーに出席するのですが、最新の技術動向を知る上でも、貴重な情報源の1つではありますが、実践的な内容の講義は、受けた翌日からすぐに応用することができるものが多く、意識的に参加するようにしています。

ケーススタディーの場合、必ずしも成果が見い出されている事例でなくても、とても参考になります。

それは課題解決のプロセスが見えるからです。

これだけの情報でも、顧客の課題解決のアプローチ手法が分かってきます。