プログラミングの基本をアドバイスしてくれるセミナー

私がIT系のセミナーに参加しようと思ったきっかけは静的なサイトしか作ったことがなかったことに不満があったからです。ITエンジニアの転職を考えると、セミナーに参加して技術を上げるのも一つの方法です。私はフリーランスで企業向けの静的なホームページを作る仕事をしているのですが、収入を増やすために動的なアプリやサイトを作りたいと思うようになりました。やはり動的なコンテンツの案件は単価の高いものが多いです。私は自分でプログラミング言語が扱えるようになればもっと高い報酬を得られると思うようになりました。初心者だった私は本や専門のサイトでプログラミング言語を使う練習をしました。しかし一人で知識を磨こうとしたときに分からないことがあるときに困ることが多かったです。そのため、プロにプログラミングの基本をアドバイスしてもらいたいと思いました。そこで私は多くの高いプログラミングスキルを持った人が集まるセミナーに思い切って参加しました。初心者の私にも分かりやすく丁寧に解説してくれたのでセミナーに通ってよかったと思いました。

ツール有効活用について

業界として大きな課題は個人の能力を最大限に活かすためにはどのようなツールを使えば良いかというっポイントになります。そこでセミナーを受講することにしました。実際には 個人が持ち合わせているパソコンの成果をいかに統合して行くのか、そしてプロジェクトやチームでその進捗を管理するのかが大きなかポイントになります。そこで提示されたのが、サーバーの有効活用っです。様々なデータが開発に当たって散らばってデータをわかりやすく整理して掲出しておけば、だれもがそのデータを活用できるわけです。
もちろん、情報の権限や情報セキュリティの観点からもきちんとした管理、ルール作りが必要になりますが結果的には間違いなく、業務効率が上がるはずです。
そもそもがコミュニケーションが取りにくい人材が多いだけにこうしたツールをきちんと導入することでこの難点、ウィークポイントが解消されるのであれば、非常にプラスです。セミナー参加の意味もあるわけです。

プロジェクトマネジメント

業界にとって、いま非常に求められるのは個々でスキルが高い人材を抱えていてもいかにその能力をカスタマーの要求にこたえるために束ねて行くか、そして、プロジェクトをいかに推進して行くかというポイントだと理解しています。そこで社外のIT業界向けプロジェクトマネジメントセミナーを体験しました。
そして、目から鱗だったのはこうしたプロジェクトマネジメントは決して社内の既存人材に頼ることを前提とせず、社外からでも人材を招致して動かすべきという内容でした。仮に業知識がなかろうとも、タイムマネジメント、コスト管理、さらには人心掌握ができる人材であれば推進できるということです。もちろん、生え抜きで技術もわかって、かつプロジェクトマネジメントができる人材であれば、最高です。しかし、こうした人材以外なかなか存在しないこともあって、あえて社外から招致すべしというのが結論でした。今もこうした人材をまさしく探しているところです。

ウェブ広告のセミナー

広告宣伝担当としてこれからいかにウェブ広告の有効活用を行なって行くかという観点から社外のセミナーに参加しました。基本的には有料のセミナーだけに様々な業界の広告宣伝担当者が集まるようなセミナーです。個人的にはウェブサイトの有効活用が目的だったのですが結論、非常にためになりました。いかに自社のウェブサイトに誘導するかといった観点で他社の事例を数多く紹介してくれたからです。例えば、単なる相互リンクではなかなかその効果を生み出すは難しいこと、そして実際に効果を生み出すためには、ユーザーにメリットがあるプレミアが必要であることです。こうしたプレミアには無理に資金を投入する必要もなく、まずはユーザーがスペシャル感を感じるだけでも問題ないというところです。わたしもその実践を行うため、自社のプレミア感をいま、かんがえておるところです。工場見学の優先順位を上げたり、商品の体験会に参画できたりといったところを想定しています。